木漏れ日

人が生活をする上で一番体に優しく健康的な構造は何か?
言うまでも無く「木構造」の建物ですよね!

そのなかでも木造軸組工法は日本の気候風土に合った最高の工法だと思います。自然界で育った木に包まれて・・・そんな家の中できれいな空気で深呼吸出来る家。 素敵だと思いませんか?

手前どもは木造軸組工法に耐震を強化する為にTIP構法を採用しています。その構法のなかでキズリを斜め45度に張るとういう施工があります。面材の苦手とする建物のねばり強さを特徴とした工法です。このキズリはそのものの強度もさることながら、手前どもの外断熱工法との相性が頗る良くて桧キズリの持つ本来の調湿作用を存分に発揮できる 工法です。一般の内断熱ですとその断熱材によってこのキズリが覆われてしまいますが、手前どもの外断熱では全てのキズリが建物内部側に露出しますから調湿作用もバッチリということです。

それから、このTIPはキズリを張った後の内部からの姿はとても綺麗なんです。木漏れ日ってヤツですが・・・。
施工後は直ぐに次の工程に入ってしまうので全景は一時しか見られません。できればしばらくそのままにしておきたいなあ~といつも思います。

さらに手前どもではSA-SHEという新換気工法も採用していますので、家の中の空気がとっても綺麗なので深呼吸することが楽しくもなります。

きれいな空気+強い家・・・こんな住まいを造っています。

 

by おまめ

 

 

目次
閉じる