お問い合わせ:☎0568-61-1262
info@otake1.com

結露ってなに?
結露 結露ってとっても身近な存在なんです。
冷たいジュースを注いだコップの表面につく水滴とか、寒い日に部屋の窓が水滴でびっしょりで流れ落ちるあれですよ。もっとわかりやすいのがお風呂に入ったときに窓ガラスや鏡が曇って見えない。これらの現象をみな結露といいます。暖かくて湿った空気すなわち水蒸気が冷たい物などに触れると水滴に変わる現象ですね。

では、なぜ水滴に変わるんでしょう。

続きを読む… »


カビってなに?

カビというのは菌類の中でも主に糸状菌のことをいいますが、キノコを生じないのもを総称してカビと言っております。そのの種類は七万種をこえると言われており、また繁殖力は大きいです。温度が27~28℃をこえ、湿度が 60%をこえると繁殖は盛んになり80%をこえるとものすごい勢いで繁殖します。

カビは「菌糸」と「胞子」から構成されています。そしてその胞子を空気中に飛ばすことによってドンドン繁殖していきます。おもに食べ物を媒体に繁殖しますが、住まいに使用されているほとんどのもの(金属・プラスチック・革・ガラス・木材・コンクリートなどなど)を栄養として繁殖します。
続きを読む… »


ヒラタキクイムシ

~築1~2年の住まい ・ 新しい家具~
そこから白い粉を見つけたら要注意!

キクイムシキクイムシの中でも被害の多くはヒラタキクイムシです。主に「新しい乾いた木」を食害する虫で、住宅や家具に被害を与えます。放っておくと数年間続き、乾いた木材が穴だらけになることがあります。被害は4~6月頃、家の中の木材部分や家具の中などから木材の粉が見つかることがあります。
よく見ると、粉の中心部には直径1~2ミリメートルの穴があいています。これは木材の中で成虫になったヒラタキクイムシが外にでるための穴です。乾いた木を食べる虫は他にもいますが、被害発生率の高いのはヒラタキクイムシです。 続きを読む… »

夏のくらし ~古の知恵~

~光、風、緑と上手に付き合うのが昔風~


 

「住まいは夏を旨とすべし」と徒然草の中で吉田兼好が書いていたように日本の家は古くから夏向けに造られていました。エアコンなどなかった頃は、夏の暑さはもっぱら建築手法や暮らしぶりなどで凌がれていました。
続きを読む… »


シロアリって

岡崎シロアリ技研提供シロアリは一般的には嫌われもの扱いですね。でも これは人間が勝手にそういう位置づけにしただけで、人間よりはるか以前から生存しているにもかかわらず邪魔者扱いの害虫とされているわけです。確かに自分の住まいを食い荒らされた時には「憎き害虫」となるでしょうけど、どうぞ我家に来てくださいと言わんばかりにシロアリ大歓迎の住まいに変化させてきた人間にも非はなかろうか。また、シロアリは生き物の生態系にも大きな役割を果たしていたり、土壌改良にも一躍かっております。またシロアリにはアミノ酸の含有量が豊富で、中国では健康食品の材料にも使われているそうです。
続きを読む… »

住まいのこと

建築のこと

犬山のこと